<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

神様の国 6

内宮の参拝を無事に終え、なんだか私たち2人、ヘトヘトでした。

とりあえずご飯を食べよう!ということになり、内宮の近くの「おはらい町」「おかげ横丁」に繰り出しました。
それでも暑くて暑くて。。。

2人無言でした(笑)

やっとのことで入ったカフェで、しばし休憩。
座っても、この私たちが!あの私たちが!ほぼ無言です。

本当に暑かったもん。
梅雨時期の、暑さにまだ慣れてない体には、苦行ですよ。
やっぱり冬生まれの人は暑さに弱いのかな。
冬の寒さは結構耐えられるんですけどね~。

いい加減経ってから、よっこらしょと重い腰を上げて帰路につきました。


友達が行きたいと言っていた内宮近くの「猿田彦神社」(だったよね?)に参拝しつつ伊勢市駅に向かいました。
こちらも縁結びの神様。

私たちがお参りする前に、随分長いこと手を合わせる妙齢の女性がいました。
本当に必死にお祈りしている感じ・・・。
必死なんだろうな。。。


おかげで、その人の必死のお祈りが終わるまで、私、いろいろ考えちゃいました☆
私は何もお願いしなかったけど。
「お願いしちゃいけない」ってガイドさんが言ってたし。




でもさ、来るべき時に来るべきものは来るんだよね。
必死に祈ったって、もがいたってどうにもならないことはあるんだよね。
努力は大事だけどね。


私、自分の運命って本当はもう決まってるんじゃないかって思う時があるんです。
一本のレールみたいなものに乗っかって、行き先とか、途中駅とか、終点までの長さとか、本当はもう決まってるんじゃないかって。
で、そこに乗ってるトロッコを一生懸命走らせるのは自分。
努力した分進むし、怠ったら止まっちゃう。
焦ってスピードだしすぎたり、こぐタイミングが乱れちゃうと脱線しちゃうの。立て直すの大変(笑)

途中でいろんな線(人)と交わったり、分岐があったり、どっちに行くか決めるのは自分だけど、終着点は一緒なの。
で、どんどん進んでいくうちに、トロッコのこぎ方のコツをつかんで上手に進めるようになったり、上り坂でこぐのが大変になったりすることもあるんじゃないかな~って。

で、途中の駅で、一緒にトロッコこいでくれる人が乗ってきてくれたりしたら、助け合って、上り坂でももっとうまく進めるようになったり。
一緒に乗ってる人が、疲れたり怪我したりサボったりしたら、重くて大変になったり。

でも、重くても一緒に進んでいきたいって思ったらずっと一緒のトロッコに乗って終点まで行けるんだよね。

その終点は、私の中では、死ぬときに「幸せな人生だった」って思えること・・・の予定です♪
オメデタイ女だな、私(笑)





私の大切な人が言った言葉が、ずっと忘れられません。

七夕の時に、「なにかお願い事ない?」って聞いたら
「大切な人が健康で幸せでありますように」って書いてって。
「月並みだなぁ(笑)」って返したら、
「自分でどうにもできないことはあるからね。でも、自分でどうにかできることは自分でどうにかします」だって。

すごく素敵だと思いました。
なんだか感動したの。
こういう人に会えてよかった~って。

彼なら、たゆまず怠らず、一生懸命トロッコこぐんだろうな。
きっと幸せな終点にたどりつける気がする。

私も、あせらず、たゆまず、おこたらずトロッコこぎ続けようって思いました。
そしたら、オメデタイ終点つけるよね♪




伊勢の旅は、いろんなことを考えるきっかけになった旅でした。
誘ってくれた友達に感謝です。

「ありがとう」
 ↑こういう心こそが神様なんだと思いました。

by nokinoki_yasuko | 2010-07-31 15:46 | 旅行  

神様の国 5

今日は晴れると思ったら、雨がパラパラ降ってますね。
ちょこっと涼しい気がする☆
クーラーなしでがんばろう。。。


またまた間延びしましたが(汗)
間延びしただけあって、私の記憶もあいまいになってきました。まずい・・・。


伊勢2日目はいよいよ内宮参拝です。
外界と内宮をつなぐのは「宇治橋」。
e0146325_13232332.jpg

この橋は最近掛け替えられたばかりで、橋の前の鳥居は外宮と内宮が建て替えられるときに取り外された柱を使用して建て替えられるんだそうです。

五十鈴川にかかる宇治橋渡るといよいよ天照大神の聖域です。

順路に沿って歩いて行くと、五十鈴川の河原に降りていけるところがあります。
この日は梅雨の晴れ間で本当に暑くて、触れた水が気持ちよかった~☆


内宮は外宮と比べて混み方が半端じゃありませんでした。
日曜日だし、天気が良かったせいもあるのかな。

とりあえず、何はさておき正宮にお参りすることにしました。
正宮は緑色のきれいな石段の上に立っていました。
でも、なんせ人が多くて多くて。
e0146325_13345572.jpg

「なんじゃこりゃ~!!?」でしたよ。。。(笑)

汗だくでもみくちゃになりながら、正殿の前にやっとこさたどり着き、無事に参拝を終えました。
まだ午前中だったけど、ほんとヘトヘト。
それだけ内宮は皆に慕われているということなんでしょうね。

もうすぐ式年遷宮ということで、境内では工事が行われているところも結構ありました。

別宮もそれぞれ参拝して、境内を大体一周したと心で、馬屋を見つけました。
かなり年老いた白馬がいて、人だかりができています。
e0146325_13441141.jpg


この馬は神様が乗るための「神馬」(しんめ)と言われているそうで、この神馬も祭事には正宮に参拝するんだそうです。
神馬が亡くなると、皇室から新たに奉納されるんだそうですよ。

なんだかみんなに写真を撮られて、少しかわいそうでした・・・・って言ってる私も撮ったんだけど。。。


内宮参拝の最後に、境内の一番端っこにひっそりとある「子安神社」に参拝しました。
子安神社は日本各地にあるけれど、ここが本尊なのかな?
木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)をお祭りしている所管社です。
e0146325_13585031.jpg

安産祈願・良縁祈願・縁結びの神様として親しまれているということ。

どの神社をお参りしても、一様に思うのが、「意外に質素で小さいな~」という感想。
「日本の神様の総本山!伊勢神宮」なんていうイメージから、豪華絢爛な想像をしていたのですが、伊勢でみた神社はどこも質素で、無駄なものは何もないように思えました。

子安神社も本当に小さい建物。
多分、建物の高さは2メートルないくらいなんじゃないかな。


社殿の周りに小さな鳥居がたくさん置かれているのわかりますかね?
これ、全部、絵馬の代わりみたいなもので、お願い事がたくさん書かれているんです。
当然ですが、みんな恋愛や出産にかかわるお願いばかり。

幸せを願うのはみんな同じだよね。

なんだか、これを見ただけでちょっと勇気づけられました。
私、ひとりじゃない!(笑)

☆つづく☆

by nokinoki_yasuko | 2010-07-31 14:10 | 旅行  

神様の国 4

暑い・・・・・。

今朝は人生で初めて、暑くて目が覚めました。
しかも4時ころ。。。

おかげで変な夢いっぱい見ました。


今朝のロッカールームでの会話。
「暑いよ~」
「『暑い』って言ったら罰金ね」

私、破産すると思う。

異常気象ですよね。
皆様もご自愛ください。



★つづき★

伊勢1日目のメインイベントは終わり、宿泊するホテルに向かいました。
ホテルは、線路を挟んで外宮とは反対側にありました。
事前情報では、伊勢参拝で宿泊するならココ!みたいな書かれ方をされていたので少々期待していたのですが・・・
期待はずれというか、ある意味期待通り(笑)
予約してくれた友達と一緒に笑っちゃいました☆


ならば晩ご飯は地元の特産などをと考えた私たち。
ガイドさんにもらった地図によると、ホテルの周辺には結構飲食店がたくさんありそうな予感♪
期待を膨らませつつ私たちは歩いて行きました。

しかし、ホテルまでの間、めぼしい飲食店はほとんどといっていいほどありませんでした。
チェーン店系の居酒屋とかもない感じ。
あるのは寂れた中華料理屋みたいなのが1軒。。。

不安が募ります。

「どうする!?」
「最悪ホテルのレストランじゃない・・・期待できなさそうだけど。」

的な会話をしながら、地図の通りに歩いて行きます。
すると、細い路地に小さなコジャレた店が立ち並ぶ一角が出てきました。

この地図、尺がおかしいだけだった。
ほっと一安心◎

私たちは、ワインバー「珠屋(たまや)」と書かれた、蔵を改装したお店に入ることに決めました。
開店と同時にお店に入ったのですが、まだ準備中だったみたい。。。
素敵な和装の女将さんがロフトに私たちの席を整えてくれました。




一緒に行った友達とは、何度も一緒に食事したり、お互いの家に遊びに行ったりしたけれど、話は尽きないものなんですね。不思議。

今日の伊勢参拝について
恋愛について
この先のライフプランについて
「幸せ」とは?
趣味について
友情について
自己分析・他己分析
エトセトラエトセトラ・・・

お酒も妄想もかなり入って、ガールズトークはだれにも止められません。
多分おんなじ話何回もしてるんだけどね(笑)
e0146325_23211967.jpg


実はこの友達と私は全く同じ誕生日、つまり同じ運命を背負った2人なのです。
同じように長女。
真面目さとか、固さとか、責任感の強さとか、とても似ています。

語るだけ語って、気づいたら閉店時間でした。
早朝から一緒にいるのに、よくもまぁ・・・って自分でも思いました。
でも、ホテルの部屋に帰ってもまだ語ってた☆

「私たち、一緒の運命だから、一緒に幸せになろうね!」が私たちの口癖のようになっています。

そんな友達を持てたことに、まず感謝しなければいけないのかな。
なかなかそんな友達いないよね。
ガイドさんの「神様にはお願いしちゃいけない。感謝して手を合わせるんだ」っていう言葉がフラッシュバックした夜でした。




ちなみに、伊勢の路地にはいろんな素敵なお店がたくさんありましたよ☆
この夜、入った「珠屋」も本当に雰囲気が良くて、お店の人もかわいらしくて素敵でした。
地元の人曰く「虎丸」という海鮮の居酒屋もなかなかおいしくて良いとのこと。
もしまた行く機会があったら、是非入ってみようと考えています。

お願いしちゃいけないんだけど、私の願いが叶ったら、お礼参りに来ないといけないから♪


☆つづく☆

by nokinoki_yasuko | 2010-07-21 23:47 | 旅行  

神様の国 3

随分と間が空いてしまいました。。。
間延びしてもう読む気がなくなってしまったかもしれませんが・・・私の自己満足にお付き合いください(笑)


どこまで話したかというと・・・

「外宮」の正宮を参拝したところまででしたよね☆


正宮を参拝した後、豊受大神宮の別宮を参拝しました。
外宮には、3つ別宮があります。
2つは外宮域内にあり、1つは少し離れたところにあります。


「土宮(つちのみや)」 字のごとく、大地をつかさどる神宮です。
e0146325_2331521.jpg

人々はここに、今年の実りを感謝して、来年の豊作を祈願するんだそうです。

「風宮(かぜのみや)」 こちらは気候をつかさどる神宮です。
e0146325_23374886.jpg

その昔、蒙古が日本に襲来した時、神風を起こして蒙古を撃退したのが風宮によるものだと言われています。
第二次世界大戦末期には、「神風特攻隊」なんていう悲惨な用いられ方をしたようですが・・・。
でも、特攻隊になって突っ込んでいった人たちは「天皇陛下のため」って言って死んでいったんですよね。

その、天皇陛下のご先祖様が伊勢神宮に祭られている神様だというのは、なんだか皮肉な話。

「月夜見宮(つきよみのみや)」 実はこちら、内宮の別宮にも同じ読み方の「月讀宮(つきよみのみや)」というのがあるんです。
天照大神の弟をお祭りしている神社です。
外宮の域外にあります。


内宮も外宮もそうだったけど、大きな木がたっくさん生えていました。
鬱蒼として、なんだかほかの場所でみる木よりも堂々として見えました。

根元が1つで、幹が二股の大きな木があったので思わず一緒に写真を撮りました☆
e0146325_23555422.jpg

わかるかなぁ?私の顔が挟まっているの。
おっきい木でしょ~。

きっと何百年もここに立っているんでしょうね。


一通り参拝を終えた後、友達と二人で御祈祷をしてもらいました。
ガイドさんには
「本当に御祈祷してもらうの?あんたたちみたいに若い人で御祈祷してもらう人なんて見たことないよ。
何を御祈祷してもらうか訊かれるけど大丈夫?」
と言われました。。。

私たち、どれだけワケアリだと思われたんでしょうか・・・(苦笑)

でも、御祈祷は本当に私たちだけでやっていただいて、とっても良かったです。
祈祷所に正座をして、榊でお祓いをしてもらって、祝詞を読んでもらって、最後に土器でお神酒をいただきました。

笑っちゃうことに、土器が素焼きだから、お神酒を注いでもらって口に運ぶまでにほとんど土器に吸い込まれちゃうんですよね。。。
もし、御祈祷をしてもらう予定のある方は、お神酒を注いでもらったらすぐさま口へ!!
「飲んでいいのかな」なんて、迷ってもたもたしていると自分の口には一滴も入りませんよ(笑)

ちなみに、御祈祷後にお神酒をいただけるのは外宮だけです。
さすがに天照大神の台所をつかさどる神様だけあるのかな。


そんなわけで、一日目は大体こんな感じでした。

まだまだ続くよ伊勢、女二人旅◎
「5」くらいまではご覚悟を。

by nokinoki_yasuko | 2010-07-19 00:08 | 旅行  

神様の国 2

伊勢の旅、久々に新幹線に乗りました。
名古屋で乗り換えて、快速「みえ」で伊勢市へ。
三重県初上陸です♪

降り立った伊勢市駅は思いのほか小さな駅で、伊勢神宮でにぎわっていると思っていた私は少しびっくりしました。
本当に田舎の駅っていう感じ。

ハーフパンツで出かけてしまった私は、「神様の領域にあまり肌の出ている服は良くないんじゃない?」という友達のアドバイスによってタイツを購入し、いよいよ「外宮」こと豊受大神宮に向かいました。
確かに、よくよく考えれば海外でも協会なんかには肌を露出した服装では入れないところが多いですもんね。

さすが!と分別のある友達に感謝◎

外宮の近くにある観光案内所でいろんな情報を教えてもらって、ガイドさんに一緒に参拝してもらうことにしました。

e0146325_2118596.jpg

まずは手水でお清め。
これにも正しい作法があるんだって。

柄杓にいっぱい水を汲み、まずは左手をすすぎます。
柄杓を持ち替えて右手をすすぎます。
また柄杓を右手に持って、左手に水をすくい、それで口をすすぎます。飲まないでね☆
もう一度左手をすすぎ、
最後に柄杓に残った水を柄杓の柄に流し柄杓を清めます。

これをひとすくいの水でやります。
はじめて知った!!


木製の装飾のない素朴な鳥居をくぐって外宮の境内へ。
雨のせいか、空気も清廉な感じがします。

境内の建物はみんな、思いのほか装飾がなくてびっくりしました。
装飾なんていうものは必要ないのかもしれないね。

正宮は鳥居をくぐって、すぐに姿を現しました。
質素な板塀に囲まれた立派な建物。
屋根はかやぶきですよ。
建てられてから20年近く経っているので、みずみずしく苔むしています。
装飾はないけど、だからこそ圧倒されるものがありました。
e0146325_22192024.jpg


板塀の柱一本一本には榊がかけられていて、2か月(だったかな)に一度は必ず新しいものに変えられるんですって。
よくよく見ると、境内の建物の柱という柱にすべて榊がかけられていました。
これを全部取り換えるんだから大変なものですよね。

正宮の隣には式年遷宮で建て替えるための土地が用意してありました。
本当に2千年前と同じ工法で建て替えるようで、まさに「常世」

神様はずっと変わらない姿でいるんだな~って感じました。


私たちもさっそく正宮にお参り。
当然、参拝にも作法がりました。

まずは、最敬礼で二礼。深く頭を垂れます。
向き直ったら手を合わせ、右手を少し下にずらして、二拍手します。 パンッ パンッ!
最後にもう一度、最敬礼。

このときお願いはしちゃいけないんですよ~。
無心になり、神様に手を合わせるんです。

なんか、いろんな事やっても、ある意味日本人にとってはこれが本当のリラクゼーションなんじゃないかって思いました。

無心になること。
清らかな気持ちになること。
だから、お伊勢参りが有難いものとして長い年月、人々の間で尊ばれているのかもしれないな~なんて思いました。


あっという間に記事がどんどん長くなるので、続きはまた書きますね(汗)

by nokinoki_yasuko | 2010-07-06 22:49 | 旅行  

神様の国 1

この土日で、神様の国 伊勢に行ってきました。

e0146325_1254554.jpg


伊勢神宮って、いつかは行ってみたいと思っていたんですが、きっかけがありませんでした。
今回、友達が誘ってくれたので行く機会ができてよかった~◎

「伊勢神宮」とは、正式には「神宮」っていうんですって。
なぜなら日本の神様の頂点だから。
「○○神宮」なんて名前をつけなくたって、「神宮」って言ったら三重の伊勢市にある「神宮」しかないってことです。

何にも知らないで行くのはさすがにもったいないかな~と思って、インターネットで調べてみたんですが・・・

「神宮」は、2つの正宮と、14の別宮、109の摂社・末社・所管社から成り立っているようです。
で、いわゆる「お伊勢参り」というのは、伊勢市にある2つの正宮をお参りすることを言うそうです。

1つは、天皇の祖先とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)をおまつりする「皇大神宮」(内宮)
もう1つは、天照大神の食事の守護神、豊受大御神をおまつりする「豊受大神宮」(外宮)

です。

天皇の祖先が神様って、なんだかいろんな意味でスゴイ・・・ですよね。


神宮に参拝するときは基本的には正装で参拝するのが正式なお作法なんだそうで、チャラチャラした格好であんまり行かないほうがいいみたい。
私たちが参拝した時も礼服で参拝している人を何人も見かけました。
正装でないと立ち入れないエリアもあるんですって。

神宮のほとんどの建物は20年に一度建て替えられ、新しい社殿に御神体が移されます。
これが「式年遷宮」と呼ばれる行事だそうです。
次回は平成25年。
橋や鳥居も20年に一度掛け替えられるんですって。

だから、社殿の隣には、遷宮用の土地が用意してあって、結界で守られています。

式年遷宮の意味合いは「常世」、永遠の命・滅びないということなんだそうです。
ずっと朽ち果てないでいるために20年に一度新しい社殿を建て、御神体を移す。
それが2千年もずっと続けられてきたってすごいです。
言ってみれば、「神宮」は2千年前からずっと変わらぬまま今に至ってるっていうことなんですよね~。

なんか、感動的。


ガイドさん曰く

「神様には『お願い』はしちゃいけないんです。心を無にして、今の自分でいられることを『有難うございます』という気持ちで手を合わせるものです」

ということでした。

なるほどね。
神の前ではエゴや欲望を捨て、素直で清らかな心で向き合わなければいけないんですね。
なんだか、その考え方を聞いただけでも心が洗われるようでした。



・・・と、旅日記を書き始める前に、基礎知識だけでだいぶ長文になってしまいました。

これでも随分はしょってるんですけどね。。。

ご興味のある方はいろいろ調べてみると結構面白いかもしれません。
日本の神話や歴史って、意外に奥が深い。
日本書紀とか古事記とかね。

今回の旅行で、私も、自分の国のこと興味が出てきました。

旅の続きはまた後ほど・・・。

by nokinoki_yasuko | 2010-07-05 01:29 | 旅行  

祈り

2010年も上半期を終えましたね。
時の経つのはなんて早いんでしょう。
ふと気づいたら、もう夏かぁ~・・・。

つい最近、近所のきれいなビルに行ったら、エントランスに七夕飾りがしてありました。
短冊も用意してあって、お願い事を書けるようになってました。
e0146325_835581.jpg


実家にいたころは、毎年母がどっかから笹を一枝とってきて、七夕飾りをしていたな。

ノルマは一人短冊5枚(笑)

そんな欲張ったら織姫と彦星も困っちゃうよ・・・って思いながら、でも書くのが楽しかったです。
私も季節やそういう行事を楽しめるおばちゃんになりたいと思ってます。

今年は七夕には実家に帰ることができないので、近所のビルの短冊にお願いを書かせてもらいました。
e0146325_8391273.jpg


ダーリンちゃんから勝手に「お願い事代行」を承り、ダーリンのお願いと、私のお願いを書いてきました。
写真は両方私のお願い事☆

「煩悩」って、意味を調べたら「人間の本質」みたいなもので、全部消えてしまうのが良いわけではないみたいなんですが。。。

「自分を悩ませる欲」みたいなものが消えますように

という意味合いで。
最近いろんなことがあったので、言葉にすることで自分を浄化したいのです。

「一皮むけますように」みたいな感じかな(笑)


皆さんも機会があったら、是非七夕に思いをはせてみてください。

織姫と彦星が無事に天の川を渡って、逢えますように。
世界中の織姫と彦星が幸せでありますように☆

by nokinoki_yasuko | 2010-07-02 09:00 | diary  

さくらんぼ狩り

・・・という名の農業体験をしてきました。

先々週の土日で、私の母の実家でさくらんぼ狩りをしてきました。
メインが「さくらんぼ狩り」だったにもかかわらず、最初にやったのはイモ掘りでした。

e0146325_1259156.jpg



↑こんなんです。
まさに「芋づる式」

出るわ出るわジャガイモの山ですよ。

これは皮が赤い「アンデスレッド」という品種のジャガイモなんです。
サツマイモじゃないんですよ☆


なんか、ジャガイモ掘るだけで疲れきって、さくらんぼ狩りどころじゃありませんでした。。。


ジャガイモ掘って、畑から帰ってきたら、庭で炊いてた蚊取り線香がビロビロにのびて大変なことになっていました。

まるでその時の私のようです。
疲れきってグダグダです。

帰ってきたら思いっきり風邪ひきました。

何しに行ったんだか(笑)

でも、とっても楽しい「さくらんぼ狩り」でした♪

by nokinoki_yasuko | 2010-07-01 12:15 | 旅行